SPIプロパティ株式会社|不動産業|土地活用コンサルティング|太陽光・メガソーラー|神奈川県横浜市

 

不動産に関わる困難事例

 

困難事例とは

困難事例とは
 
不動産における困難事例とは
 
弊社の「不動産における困難事例」をいくつか箇条書きにしました。
・「赤字相続時における不動産の売却」
・「成年後見人(保佐人)の不動産売却」
・「不動産持ち分などの不動産売却」
・「事業ローンの支払いができないことによる、不動産の差押えや競売に関わる不動産売却」
・「住宅ローンの支払いができないことによる、不動産の差押えや競売に関わる不動産売却」
・「住宅ローンや事業ローンで、破産を考えている場合の不動産売却」
等々。
 
上記のような困難事例を聞くと、「何もしないほうが良い」と思いがちです。
ところが実際のところ、問題解決は可能であり、弊社にはそのお手伝いが出来ます。
 
一般の不動産業者は、手間と時間のかかる案件を好みません。
また、その道に精通していなければ対処が難しい事もあり、依頼された一般の不動産業者は
司法書士や弁護士に再依頼するのが通常であると思います。
その場合、費用がまた別途かかってしまうケースも十分にあり得ます。
 
弊社は不動産業を通じて、社会福祉における問題解決の一助になりたいと考えています。
相談は無料ですので、どうしたら良いかをご相談下さい。
 
qrcode.png
http://www.spi-pro.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<SPIプロパティ株式会社>> 〒231-0031 神奈川県横浜市中区万代町2-4-5 関内山本ビル 2F TEL:045-232-4488 FAX:045-232-4489